RSS
 

コーニッシュパスティ (Cornish Pasty)

コーニッシュパスティ

コーニッシュパスティはイギリスの南西部、コーンウォール地方生まれのパイです。

その歴史は古くは11世紀にも遡りますが、その後この地方で炭鉱夫のお弁当としてその妻たちが、すぐには中がさめないようにと練りパイの生地にたっぷりの具を詰めて焼かれるようになりました。
当時、外側のねじれた耳の部分は、手の汚れた炭鉱夫たちが掴んで食べやすいようにと作られたものですが、それはまた坑内にいると信じられたゴースト(霊)へのお供えととして食べ残される習慣がありました。

今ではイギリス全土で広く愛されるパスティには、チーズやお野菜を使ったものから、カレー、クリームソースなど沢山のバラエティがあります。

ルバーブクランブル (Rhubarb Crumble)

ルバーブクランブル1

ルバーブは北アジア・ロシア原産の「食用大黄」とよばれる多年草の植物です。

日本では(特に西日本)まだあまり栽培もされておらず、馴染みのない植物ですが、ヨーロッパでは初夏から秋にかけて特にお菓子にして頂きます。中でもイギリス人に一番ポピュラーな食べ方が「クランブル」です。


ルバーブクランブル2

グラタン皿や焼き型にルバーブ(りんごや洋梨などでも作ります)を入れて、クランブル(ソボロ)を振りかけて焼いただけのシンプルなおやつですが、それだけに素材そのものの美味しさがダイレクトに伝わります。

ルバーブそのものの酸っぱさと甘いクランブルが絶妙で、温めてからカスタードやアイスクリームを添えるとさらに美味しく召し上がることができます。
(販売予定は6〜7月中旬・店頭のみ)


ビクトリアサンドウィッチ(ビクトリアスポンジ)ケーキ (Victoria Sandwich Cake)

ビクトリアサンドウィッチケーキ1

古くは1860年代に世の女王、クイーン・ヴィクトリアを称えて作られたお菓子なのだそうです。

今ではイギリスのティールームでお目にかかる、代表的で最もポピュラーなティーケーキのひとつです。

ほっこりとしたケーキ生地の間にラズベリージャムとバタークリームがサンドされているのがおおいようですが、ジャムだけのものやフレッシュクリームにフレッシュベリーを使ったものもあります。
(ホールでの予約販売のみ)

チョコファッジケーキ (Chocolate Fudge Cake)

チョコファッジケーキその名の通り、チョコレートファッジをケーキにかけた、甘党にはぴったりのケーキです。

ココア生地のケーキの間に、ファッジクリーム(ガナッシュのようなもの)又はアプリコットジャムなどがサンドされていて、上には同じくファッジクリームかチョコレート味のフォンダンでたっぷりコーテイングされています。


チョコファッジケーキ2こちらもカフェやティールームの定番のケーキで、季節を問わず人気のお菓子です。

(ホールでの予約販売のみ)

ホットクロスバンズ

ホットクロスバンズクリスマスで磔にあったJesus(キリスト様)が復活したのを祝ってお祝いされるイースター(復活祭)。

日本で言えば立春とかお彼岸に近い、春の訪れを喜ぶお祭りでもあります。

それにちなんでそれらの国では、卵やウサギ(生命や繁殖のシンボル)をかたどったチョコレートやこのホットクロスバンズが街のあちこちで販売されます。

カレンズやオレンジピール、ミックススパイスを使ったパン生地の上にはクロス(十字架)型に切れ目を入れたり、生地がけしたりして焼き上げます。焼き上がりにスパイスシロップをかけると出来上がり!

イギリスのスーパーマーケットでは一年中買うことができるほど日常的なものでもあります。

私にとってもイギリスでの生活が懐かしくなるこのお菓子、まだまだ日本ではあまり紹介されていませんが、英語の童謡にも登場する人気のお菓子パンなのです。

(販売予定は毎年イースター時期)

パヴァロヴァ(パバロバ) (Pavlova)

パヴァロヴァ2このお菓子は、もともとニュージーランドとオーストラリアのホテルで、ロシアのバレリーナ「アンナ・パバロヴァ」(Anna Pavlova)の功績を称え、彼女のチュチュ姿をイメージして作られました。

白いメレンゲのベースは外をさくっと、内側に柔らかさを残す程度焼き、上にホイップクリームとフレッシュフルーツを重ねます。

その甘さと、食感のバランスは、見た目の単純さ以上にすばらしいお菓子かもしれません。

イギリスでも今では、お客様のおもてなしデザートとしておうちで作られたり、スーパーなどで販売されているメレンゲを使ったりして、楽しまれています。

湿度の高い日本では、特に夏場などそのままをキープするのが難しいおかしですが、冬場の乾燥した時期ならこのまま室内で楽しむ事ができるでしょう。

ベイクウェルタルト (Bakewell Tart)

ベイクウェルタルト2イギリスのダービーシャーで作られたお菓子で、「ベイクウェルプディング」とも呼ばれています。

もともと、イチゴのタルトを作ろうとしたあるお屋敷のシェフが生地に入れるはずの砂糖や玉子を入れ忘れたため、代わりにフィリング(タルトの中身)のほうにそれらを使い、底にジャムをしいて作ったのが始まりだそうです。

「プディング」とも呼ばれていた通り、その当時は夕食後のデザートとして楽しまれていたようですが、現在ではどちらかといえばお茶のお供のティーケーキとして人気です。

形もタルトレット型のものや四角くカットしたものがあり、何れもサクサクとした生地の上に、ラズベリージャム、アーモンドクリームを重ねて焼いています。

表面にフォンダンを使ったり、アーモンドスライスをのせて焼いたりして飾りを楽しみます。

イギリスのスーパーなどには箱菓子として(キプリング社など)販売もされています。

ちょっと甘そうに見えるお菓子ですが、軽い口当たりで紅茶にぴったりです。
(写真はベイクウェルスライスといわれる形状のものです)

ミンスパイ

ミンスパイ2ミンスパイ(又は、ミンスタルト)って何?

イギリスでクリスマスにいただくお菓子のひとつですが、さくさくの練りパイ生地の中には、ドライフルーツと刻んだりんごをサイダー(りんご酒)とブランデーやラム酒に漬け込んでいるものが入っています。

本場のイギリスではその具にスウィト(SUET)という牛の油脂の粒も混ぜ込んで、1~2ヶ月ほど材料を時々かき混ぜながらなじませていきます。

口どけのよい生地と甘いドライフルーツがよくマッチしていますが、クリームやカスタードをかけていただいても美味しいでしょう。

イギリスの風習では、「最後の一つはサンタクロースさんへのお返しに。」と煙突の横にお皿をおいておくのだそう。もちろんトナカイさんへのニンジンもお忘れなく!

(販売予定は毎年12月はじめ〜年末まで)

フルーツケーキ (Fluit Cake)

フルーツケーキ一言にフルーツケーキといっても、イギリスには数多くのものがあります。

基本的にはバターケーキ生地にタップリのドライフルーツやナッツ類、スパイスを入れて焼いたものですが、焼き上がりに洋酒を振りかけて熟成させていただくものもあります。

クリスマスやウェディングなどのイベント時には回りにマジパンやアイシングをコーティングして、好みのもので飾りつけたりします。

イギリス全土でこのお菓子を見ないことはないといっても過言ではないほどポピュラーで、ティーケーキの代表ともいえるでしょう。

ずっしりと重たく、しっかりと熟成した口当たりがすばらしく、日本のイメージのフルーツケーキとは随分異なるでしょう。

ちなみに当店ではオーガニックドライフルーツやオーガニックナッツをタップリ使って、スコッチウィスキーで熟成させます。

(毎年10月1日に予約開始、クリスマスに限定販売予定です。)

バクラバ

バクラバ「パータ・フィロ」といわれるとうもろこしの粉から出来た生地を使ったお菓子です。
(私が「世界一美味しいお菓子」と自負するもの!!!)

幾層にも重なった生地と生地の間には、タップリのバターとナッツ(ピスタチオやヘーゼルナッツ、クルミなど)の粉砕したものがギッシリ入っていて、焼き上がりには甘いシロップをかけて数時間なじませます。

バクラバ2もともとギリシャやトルコなどのヨーロッパからモロッコ、チュニジア、レバノンなどの中近東の国々のお菓子ですが、今では移民の多いヨーロッパ各国で人気を集めています。

甘そうな見かけどおり!バターの香りと、じわっとくるシロップが口に広がり、なんともいえない幸せな気分になれるお菓子です。

日本では中々お目にかかることが出来ないお菓子ですが、ヨーロッパや中近東に行かれたら是非お試しあれ。

* おすすめのショップ:北ロンドンのHARRINGAYというエリアにあるバクラバ屋さんです。

写真は西部ガス熊本クッキングクラブの教室で作ったものです。

スコテイッシュタブレット (Scottish Tablet)

スコティッシュタブレット2スコットランドの郷土菓子で、古くは18世紀の料理書で紹介されたのが始まりだそう。

スコットランドのお菓子屋さんやバザーに「ホームメード・タブレット」と自慢げに並べられている人気のお菓子。

そしてまた、お母さんの味として懐かしがるスコットランド人も多いようです。

クリームやお砂糖、バターを煮詰めてつくるのですが、出来上がりはキャラメルとも違いザクザク、ホロホロっと口どけがよく、日本の黒砂糖の食感が一番近いかもしれません。

四角くて分厚い7〜8cm角の板状のものが、販売形状の主流で、メーカーやお店によって少しずつ、味や食感が違うのが面白いです。

スコットランドに行かれる方、どうぞお試しあれ!その不思議で懐かしい食感と風味のとりこになるかもしれませんよ。

(店頭とネットにて販売)

ファッジ (ファッジ)

ファッジ

アメリカで1886年・キャラメルを作ろうとして失敗したことで生まれたといわれるお菓子ですが、現在はイギリスでも大人気の甘いお菓子。

クリームやバター、砂糖、チョコレートなどを煮詰めてつくります。

郊外の商店街には必ず1件はあるほどの「ファッジショップ」で、種類もピンクや緑、黄色やチョコレート色と数十種類を数えます。

量り売りで販売されることが多く、子供たちは1粒から買う姿も目にします。中でもチョコレートファッジは人気。

食感はキャラメルより口溶けがよく、クリーミーで甘いのです。
甘い物好きや子供たちには目のないお菓子でしょう。

ヴィエネーズサンドウィッチ

ヴィエネーズサンドウィッチその名のとおり、ウィーン風クッキーなのでしょうが、このお菓子イギリスではとってもポピュラー。

ホロホロとした絞りクッキー生地と、バタークリーム、甘酸っぱいジャムのハーモニーが絶妙です。

箱菓子としてスーパー等に並んでいますが、チョコレートがコーテイングされていたり、中にバタークリームとジャムがサンドされていたりと、フツーのビスケット類とケーキの間くらいのお菓子類に属しているようです。

私の気に入っているのは、「M&S」(マークスアンドスペンサー)のもので、ある時期毎日食べていた程はまりました。

(販売予定は3〜4月)

キャロットケーキ (Carrot Cake)

キャロットケーキその名の通り、にんじんのケーキです。

イギリスのレシピには山ほどのニンジンと、スパイスやナッツなどたくさんの種類の材料を入れて作ります。

それだけにしっとりとしていて、スパイシー。

「ニンジンはちょっと苦手」なんてお方にも人気で、レシピによっては上にクリームチーズのアイシングがかかっているものもあります。

地味な見た目とは想像を超えるくらい美味しいおやつです。

トミーズでは、有機の春ニンジンのとれる時期にお出ししています。

(販売予定は3〜4月あたり)

トライフル (Triful)

トライフル1英語で「つまらないもの」という意味のこのデザートは、お家に残ったいろんなフルーツやクリームで出来る簡単で人気のイギリス風おやつです。

器は大きめのガラスボウルや一人分用のデザートカップなどで、いちばん底にはフルーツやゼリー、そしてスポンジ生地やフィンガービスケット、そしてカスタード、一番上にホイップクリームでデコレーションします。

他にもシェリー酒などの洋酒を使ったりするものもあります。

アップルパイ (Apple Pie)

アップルパイりんごの産地ならではのおやつですが、イギリスでももちろん万人に愛されるパイの代表格です。

少し高めのリングに生地をしいて、たっぷりのりんごをフィリングにします。

ほとんどの場合、上にも生地でふたをするようにかぶせてあり、仕上げにカスターシュガー(細めのグラニュー糖)をふって仕上げます。

アップルパイ2オーソドックスなのは、カットしたパイにカスタードやアイスクリームを添える食べ方で、お年寄りから子供まで広く人気があります。

イギリスではコックス(Cox)や、グラニースミス(Granny Smith)、クッキングアップル(Cooking Apple)などの品種のりんごをよく使うようです。


ストロベリー&クリーム (Strawberries&Cream)

ストロベリー&クリーム

イギリスの初夏の風物詩で、特に「ウィンブルドン」で開催されるテニスチャンピョンシップ期間中においては会場内で約20トンのイチゴが消費されるほどポピュラーなデザート。

イギリスで取れるフレッシュなイチゴと、ダブルクリームやクロテッドクリームとのシンプルな組み合わせですが、老若男女問わずにっこり顔がほころぶ幸せの味なのでしょう。


ページトップへ